澄弘堂|有田焼 業務用食器 有田焼で業務用の器をお探しなら【澄弘堂】にお任せください。旅館、ホテル、レストラン、料亭、居酒屋など様々な業種、店舗の雰囲気、お料理のテイストなど、用途に合った和の皿や蓋物などを豊富に取り揃えております。また業務用としてだけではなく、ご家庭用として個人の方にもご購入頂くことができますので、是非お気軽に利用ください。

佐賀へ行ったらぜひ!おすすめの有田焼ゆかりの場所

 

 

有田焼発祥の地と言えば有田、有田と言えば佐賀県です。もしも旅行やお仕事で佐賀にお寄りになることがあるのなら、おすすめの有田焼ゆかりの場所を覗いてみませんか?

 

江戸時代初期から連綿と続く有田焼の歴史を、古窯の史跡や周辺の風景とともにお楽しみください。

 

発祥は1600年代、一大発展を遂げた1800年代

 

有田焼が生まれたのは江戸時代初期、1600年代です。有田の地に作られた窯から生まれる時期は「有田焼」としてあっと言う間に名声を得るに至りました。

 

1800年代に入り、有田焼はますます進化の時期を迎えます。ドイツから招いた技術者から西洋的な生産方法を学び、質が高いままの大量生産を可能にしました。

 

そこから発達した有田の地は、作業場の跡地が国家的な史跡として認定されたり、重要文化財に指定されたりしています。歴史を巡る観光地としても興味深い土地だといえるでしょう。

 

有田焼を生んだ李参平をたどることも

 

陶山神社は有田焼の祖である李参平の記念碑が建てられています。この神社の特徴は鳥居や狛犬までもが磁器で作られていることです。さすが有田焼の地!と思えます。祖の李参平も喜んでいるかもしれませんね。

 

また、泉山磁石場も李参平と有田焼に深い関係があります。李参平はこの泉山磁石場で有田焼の原材料となる陶土を発見しました。この泉山磁石場がなければ有田焼は生まれず、日本の焼き物の歴史は変わっていたことでしょう。

 

有田焼を楽しめるツアーも豊富

 

 

少人数でフリーで行くよりも、イベントがあるツアーのほうが好きというかたは、有田焼を楽しめるツアーに参加してみてはいかがでしょうか。

 

有田焼を使ったお食事がセットになったツアー、有田焼を実際に作ることができるツアーなど、その内容はさまざまです。

 

ほかにも観光に来たかたが楽しめるツアーが豊富に用意されていますので、ぜひお好みのものに参加してみてください。有田焼の歴史を知って、もっと身近に感じられるかもしれません。

 

 

澄弘堂|有田焼 業務用食器

澄弘堂|有田焼 業務用食器

有田焼で業務用の食器をお探しなら【澄弘堂】にお任せください。旅館、ホテル、レストラン、料亭、居酒屋など様々な業種、店舗の雰囲気、お料理のテイストなど、用途に合った器などを豊富に取り揃えております。また業務用としてだけではなく、ご家庭用として個人の方にもご購入頂くことができますので、是非お気軽に利用ください。

屋号 澄弘堂
住所 〒843-0022
佐賀県武雄市武雄町大字武雄6930-5
電話番号 0954-33-8009
営業時間 平日9時~18時
代表者名 横石 佳須之(よこいし かずゆき)
E-mail info@arita-seikodo.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

澄弘堂|有田焼 業務用食器 有田焼で業務用の器をお探しなら【澄弘堂】にお任せください。旅館、ホテル、レストラン、料亭、居酒屋など様々な業種、店舗の雰囲気、お料理のテイストなど、用途に合った和の皿や蓋物などを豊富に取り揃えております。また業務用としてだけではなく、ご家庭用として個人の方にもご購入頂くことができますので、是非お気軽に利用ください。

〒843-0022
佐賀県武雄市武雄町大字武雄6930-5

0954-33-8009

0954-33-8009

平日9時~18時

https://www.google.com/maps/place/%E3%80%92843-0022+%E4%BD%90%E8%B3%80%E7%9C%8C%E6%AD%A6%E9%9B%84%E5%B8%82%E6%AD%A6%E9%9B%84%E7%94%BA%E5%A4%A7%E5%AD%97%E6%AD%A6%E9%9B%84%EF%BC%96%EF%BC%99%EF%BC%93%EF%BC%90/@33.1936546,130.0083033,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3540284f8a3d5091:0xd3b675f42f0f08a0!8m2!3d33.1936546!4d130.010492
[instagram-feed]